映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・放送翻訳・その他のサービス・文書翻訳・通訳・翻訳者養成講座・スクール・学校)のワイズ・インフィニティ
映像翻訳のワイズ・インフィニティ お見積もり 取材・講演依頼 ENGLISH
業務内容
字幕翻訳・吹き替え翻訳


実績はこちらから


字幕翻訳・吹き替え翻訳

字幕翻訳・吹き替え翻訳 外国語の映像に、必要不可欠な日本語字幕や日本語音声。弊社は多くのお客様から、映画やドラマ、テレビ番組をはじめ、企業のプロモや、研修映像など、多種多様の翻訳のご依頼をいただいてきました。そのノウハウを生かし、お客様それぞれの目的に合ったサービスを提案しております。
字幕や吹替にしたい映像をご用意いただければ、あとはワイズ・インフィニティにお任せください。字幕・吹替翻訳に必須とされる英語台本の制作や、映像ならではのタイムどり(スポッティング)の作業、字幕を映像に焼き付けるところまで、一手にお引き受けいたします。
翻訳(下訳原稿)がある場合は、字幕用に「リライト」をして、字幕データを作成する事も可能です。 お手持ちの映像の翻訳をお考えの場合は、お気軽にお問合せください。



取り扱いジャンル(一例)
ドキュメンタリー 聴覚障害者用字幕
特典映像 映画、ドラマ
スポーツ トレーラー
企業PV(商品説明・研修映像・イベント) 音楽ライブ


仕事の流れ

※ あらゆる納品形態をご用意しております。
字幕付き映像のDVD納品はもちろん、自社で字幕の焼き付けができる企業様には、字幕を出す映像のタイムと字幕翻訳をリスト化した原稿でのご納品も可能です。 (SDB、CAP、TIFF等、制作会社様向けの納品形式でもお渡し可能です。)



映画祭

映画祭について
映画祭といっても規模の大きさはいろいろあります。
大小違いはありますが、 どの映画祭も、よい映画を伝えたいということでは一致しています。
ワイズ・インフィニティは、「愛ある経営」という理念を念頭におき、常にお客様の心に残る仕事をすることを意識してきました。
そこで、映画祭で、何かできることはないだろうかと考えた2003年以来、私たちはお手伝いをしてきました。



映画祭のお手伝い
2015年、第7回沖縄映画祭も昨年に引き続き映画翻訳やパンフレット翻訳のお手伝いをいたしました。
沖縄国際映画祭のテーマは、「Laugh&Peace」。
ワイズ・インフィニティは、その理念に共感し、毎年『翻訳』という形でお手伝いしています。

少しでも多くの翻訳者の方に、良い映画の発信に関わっていただきたい。
私たちワイズ・インフィニティでは今後も、映画祭を応援していきます。




お手伝いした過去の映画祭

東京アニメアワードフェスティバル2016<2016年>

第11回 大阪アジアン映画祭<2016年>

京都国際映画祭<2015年>

あいち国際女性映画祭2015<2015年>

第12回 世界自然・野生生物映像祭<2015年>

第10回 大阪アジアン映画祭<2015年>

秋の韓流フィルムフェスティバル<2014年>

京都国際映画祭<2014年>

第6回 沖縄国際映画祭<2014年>

第9回 大阪アジアン映画祭<2014年>

第5回 沖縄国際映画祭<2013年>

第8回 大阪アジアン映画祭<2013年>

第4回 沖縄国際映画祭<2012年>

第7回 大阪アジアン映画祭<2012年>

第10回 世界自然・野生生物映像祭in 富山<2010年>

第3回 沖縄国際映画祭<2011年>

ダマー映画祭 in ヒロシマ<2010年> 

第2回 沖縄国際映画祭<2010年>

世界自然・野生生物映像祭in 東京<2009年>

第9回 世界自然・野生生物映像祭in 富山<2009年>

第1回 沖縄国際映画祭<2009年>

広島アニメーションフェスティバル2008

広島アニメーションフェスティバル2006

2005チェコ映画祭第12回

2003年山形国際ドキュメンタリー映画祭 公式カタログ翻訳

 

 





実績はこちらから
お見積もり
業務内容
放送翻訳・通訳
 字幕翻訳・吹き替え翻訳
文書・その他翻訳
その他のサービス
クローズドキャプション
実績
マスコミ掲載・講演実績
ワイズクラブ
映像翻訳スクール
イベント情報
よくあるご質問
スタッフブログ
企業概要
企業理念
会社概要
経営支援事業部
取り扱い言語
SSTG1販売中
SSTG1ハンドブック