映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・放送翻訳・その他のサービス・文書翻訳・通訳・翻訳者養成講座・スクール・学校)のワイズ・インフィニティ
映像翻訳のワイズ・インフィニティ お見積もり 取材・講演依頼 ENGLISH
社会貢献
2013年 カンボジア訪問レポート

カンボジアは1953年にフランスから独立したものの1991年まで内戦が続き、多くの難民を出すなどいまだに国家が再建の途上にあります。アジアの中でも最貧国の1つとされるカンボジアは、すべての子どもが当たり前のように教育を受けられる環境ではありません。 当社ではこういった状況を踏まえカンボジアの子どもたちに教育の場を提供したいという思いから2005年にプラン・ジャパンを通して小学校を寄付いたしました。
そしてこのたび、開校から7年たち、ようやく現地を訪れることができました。


場所はカンボジア第三の都市コンポンチャムから車で約2時間のところにあるToul Samboという村。
プランの現地担当者に案内してもらいました。


道路は思ったよりも整備されており、坂道のない平らな道が続きます。



Toul Sambo村と民家。周囲はほとんどがこのような農地です。


学校が見えてきました!



現在、7名の教師の指導のもと、小学校1年生から6年生の生徒275名(うち135名が女の子)が学んでいます。
教室は4つ、残り1つは職員室兼図書室です。トイレ棟もきれいに使われていました。


教室内はたくさん張り紙がしてあります。 勉強も熱心。満点が並ぶ宿題ノート。


校庭には井戸と遊具も揃えました。
遊具は学校に通う動機付けにもなるので非常に重要だということです。
日本にはない発想で目からウロコでした。
広大なカサバとゴムのプランテーションが村民の収入源。
子どもたちは午前と午後のクラスに分かれて授業を受けています。
登校前や学校が終わると農作業を手伝います。


これがカサバ。タピオカの原料です。



到着後、まずは挨拶。
あとで聞いたら日焼けしていない私たちの肌に興味津々だったそうです。



次は折り紙。紙飛行機を作って飛ばしあいっこしました。
最初は不思議がっていた子どもたちも、飛ぶことが分かると楽しくなってきたようです。
遠くに飛ばした上位3人に、折り紙をプレゼント。つかみはOK?



さあ、Japanese Traditional Martial Arts "KARATE"の時間です。
型の実演のあと、みんなで正拳突きをやってみました。押忍!!


子どもたちがお礼に歌を歌ってくれました。
最初は照れていましたが歌いだすとみんな堂々としています。



たった半日の訪問でしたが、子どもたちと触れ合うことができて楽しかったです。
中学校の就学率は約30%(貧困に加え中学校が不足しているため)、
1日の世帯収入が1ドル(首都プノンペンの約3分の1)という厳しい暮らしの中、
教育が子どもたちの将来の希望になることを願っています。


今後も継続的な支援を続け、できるだけ現地を訪れたいと思っています。
また来年、子どもたちに会いに行けるよう社員一同頑張ります!
お見積もり
業務内容
放送翻訳・通訳
 字幕翻訳・吹き替え翻訳
文書・その他翻訳
その他のサービス
クローズドキャプション
実績
マスコミ掲載・講演実績
ワイズクラブ
映像翻訳スクール
イベント情報
よくあるご質問
スタッフブログ
企業概要
企業理念
会社概要
経営支援事業部
取り扱い言語
SSTG1販売中
SSTG1ハンドブック