映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・放送翻訳・その他のサービス・文書翻訳・通訳・翻訳者養成講座・スクール・学校)のワイズ・インフィニティ
映像翻訳のワイズ・インフィニティ お見積もり 取材・講演依頼 ENGLISH
社会貢献
2014年 カンボジア訪問レポート

カンボジアは1991年まで内戦が続き、いまだ国家再建の途上にある、アジアで最も貧しい国の1つです。
子供たちが初等教育を受ける環境も十分に整っておらず、学校不足が深刻な問題になっています。
そこで当社は2005年にNGOのプラン・ジャパンを通して、小学校建設のための寄付をいたしました。

小学校開校から7年経った昨年、ついに訪問が実現し、今年も引き続き視察に行ってきました。
小学校は、コンポンチャム州のToul Samboという村にあります。
首都プノンペンからコンポンチャムまで車で約3時間半、さらにそこから2時間ほどかけて、ようやく到着しました。

こちらが校門です。




奥に見えるのが校舎。教室は4つあります。
校庭には誰もいませんが……。
教室へ案内されると、午前の部の授業中でした。
このクラスの女の子の1人は、日本人がプランを
通して生活費や学費を支援するスポンサー
になっているそうです。


好きな教科を尋ねてみると、国語(クメール語)が好きだという子供たちが多かったです。
ちなみに、好きな食べ物は果物が多かったですね。確かにカンボジア滞在中は、パイナップルやバナナなど、おいしい果物をたくさん食べました。
「覚えたほうがいいクメール語を教えて」とお願いすると、「愛国心を大切にしなさい」という言葉を教えてくれました。発音が難しくて覚えられませんでしたが(ごめんなさい!)、困難な歴史を経てきた国ならではの教育でしょうか。
複雑な思いになりました。



せっかくなので子供たちと一緒に遊びたい!
ということで、日本から縄跳びを持っていきました。
みんな上手に跳んでいます。
もう1つのプレゼントは、日本の紙風船。
見物に来ていた近所の子供やお母さんたちも
興味津々です。校長先生がみんなに配りました。



次は職員室兼図書室を見学です。
この表によると、1?6年生の生徒数は289名
(うち144名が女の子)。1年前は275名
(うち135名が女の子)だったので、
14人増えています。
本は昨年の訪問時とは違うものが並んでいました。
いろんな本が読めますね。
きちんと運営されているようで何よりです。




小学校の後は、車で約1時間の所にある、保健センターも訪問しました。
主に貧しい地元の人たちの出産のための施設で、助産師さんがいました。
私立の病院なら、出産にかかる費用は100ドルほどかかりますが、
貧困層である証明があれば、3ドルで利用できるそうです。
多いときは1日に10人の出産があるのだとか。
カンボジアの女性が生涯に産む子供の人数は平均して約3人。日本と比べると、とても若者が多い国です。



プノンペンに戻った翌日には、孤児院も訪ねました。
子供たちの現状を確認して当社が今後、協力できることは何かを知るために訪問しました。
経済的な理由で親が育てることができないなど、幼い子供5才から大学生20才まで約80人の子供たちが生活しています。
ちょうど昼食の時間でした。



援助を受けるだけでなく、自分たちで野菜や果物を栽培しています。
ぱっと見ただけで、レタス、ナス、トウガラシ、パパイアなどさまざまな種類がありました。



一番不便なのは水だそうです。カンボジアでは、約4割の人たちが安全な水を利用できずにいます。
浄水設備が必要なのです。 カンボジアはまだまだ経済的に貧しい国ですが、若い人たちが多く、活気があり、
未来が楽しみな国です。
学校や孤児院以外でも、いろいろな所で子供たちと会い、その明るさに笑顔にさせられました。

しかし、今回の滞在中だけでも、学校がなくて困っているという声を何度か聞き、現実を目の当たりにしました。
今後も支援を続けるだけでなく、実際に足を運んで状況を確かめていければと思います。
お見積もり
業務内容
放送翻訳・通訳
 字幕翻訳・吹き替え翻訳
文書・その他翻訳
その他のサービス
クローズドキャプション
実績
マスコミ掲載・講演実績
ワイズクラブ
映像翻訳スクール
イベント情報
よくあるご質問
スタッフブログ
企業概要
企業理念
会社概要
経営支援事業部
取り扱い言語
SSTG1販売中
SSTG1ハンドブック